--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/07 (Mon) 良いものは良くない




こんにチワワ。琴平店のフクダです。





最近家でゆっくりする時間ができたので


下戸のくせに毎日晩酌をしてるんですが


昨日は友達の誕生祝い飲み会だったのでめずらしく居酒屋で飲んできました。




いつも部屋では芋焼酎の水割りを薄く薄く作って飲んでいるので


店でも『トマトチューハイのアルコール低めで』というふうに注文してるんです。




で、昨日も同じように薄めのチューハイを何杯か飲んで既に酔っていたにも関わらず


マスターの『もらい物のゆず酒があるんやけど、飲む?』という言葉に誘われて


ちょっとだけ…と思い、一口飲んでみたんですね。




『ゥンまぁぁぁぁぁい!!』



すだち酒のような軽い口当たり。


がぶ飲みできそうなポカリ味。



しかもロックでもかなり薄い(気がした)んです。





あれでやめておくべきでした、えぇ。


そのあと何杯かロックで頂いてしまったんですねぇ。




気がつくと自分で立てなくなってました\(^0^)/


ほんとに恐ろしいですね、口当たりの良いお酒って。



以前飲んだ『口当たりの良い』梅ワインも、トイレに入ったら自力で立ち上がれなくなったし


もっと前に飲んだ『口当たりの良い』にごりサワーも


さらにもっと前に飲んだ『口当たりの良い』すだち酒も


痛い目見ましたです、はい。



学習能力ゼロですね、わかります。




結局昨日はそのまま潰れてしまったので


みんなに写真を撮られながら抱えられて店を出て


車に押し込まれ連れて帰ってもらった上に


家のトイレまで引っ張って行ってもらう、という偉業を成し遂げました(ぇ





…いや、すみませんでしたマジで。



もう口当たりの良いお酒は飲みません。



スポンサーサイト

ひとりごと | comment(0) |


<<I.M.O. | TOP | 「ジーンズ」で蘇る松田優作>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。